MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

CREATIVE PLATFORM OITA

これから新しいことを始めようとしている方や
事業にクリエイティブの力を取り入れてみたいとお考えの方の
お役に立てるデータベースを目指し、日々成長を続けるサイト

PEOPLE

CREATIVE PLATFORM OITAが会いに行った、クリエイティブの実践者たち。

  • プロフィールを見る

    Yataro Matsuura

    『くらしのきほん』主宰

    Yataro Matsuura

    『くらしのきほん』主宰

    Profile

    1965年、東京生まれ。エッセイスト、セレクトブックストア『COW BOOKS』代表。 高校中退後に訪れたアメリカの書店文化に惹かれ、帰国後オールドマガジン専門店『m&co.booksellers』を赤坂に開業。2000年にトラックによる移動書店をスタートさせ、2002年『COW BOOKS』を開業。書店を営むかたわら、執筆および編集活動も行う。 2006年から『暮しの手帖』編集長を9年間務め、2015年4月にクックパッド(株)に入社。「正直、親切、笑顔、今日もていねいに」を信条とし、暮らしや仕事における、たのしさや豊かさ、学びについての執筆や活動を続ける。

  • プロフィールを見る

    Tsutomu Kanaya

    セメントプロデュースデザイン

    Tsutomu Kanaya

    セメントプロデュースデザイン

    Profile

    1971年大阪生まれ。京都精華大学人文学部卒業後、企画制作会社に入社。その後広告制作会社を経て、1999年『CEMENT PRODUCE DESIGN』設立。 PARCOの広告デザイン、Francfrancとの商品企画開発、UNIQLOの企業コラボTのディレクションなど幅広くプロデュースを行う。約500店舗の流通先を持っていることを強みに、市場への流通を見据えた形での日本各地域における地場産業との協業企画「僕らの地域産業協業活動」を積極的に進めている。主な協業に、旭川の木工産地、福井のリボン産地や愛知の陶磁器産地等との商品開発など。 福井県鯖江市のメガネ素材を扱う会社との協業アイテム『Sabae mimikaki』は2013年 Good Design賞を受賞した。

  • プロフィールを見る

    Kosei Shirotani

    Studio Shirotani

    Kosei Shirotani

    Studio Shirotani

    Profile

    1968年長崎県雲仙市生まれ。1991年渡伊。ミラノのデザイン事務所勤務を経て、1995年ミラノを拠点にフリーランスデザイナーとして活動を開始。同年ミラノにて、イタリア工業デザイン協会主催のGRANDESIGN最優秀賞受賞。これまでにARBOS(イタリア)、UP&UP(イタリア)、AURA COLLECTION(京都)、NAGANO(福岡)などのアートディレクターを務め各社よりデザインを発表。2002年長崎県雲仙市に拠点を移しSTUDIO SHIROTANIを設立。1996年から2005年までイタリアの建築雑誌『ABITARE』の編集協力員を務める。日本とイタリア両国において、石・漆・紙・ガラス・磁器・竹など様々な素材による産業の社会性をテーマにデザインを続けている。2013年に、長崎県雲仙市小浜町にて、地域活性化プロジェクト『刈水エコビレッジ構想』の拠点となるデザインショップ&カフェ『刈水庵』をオープン。

  • プロフィールを見る

    Shintaro Uchinuma

    ブックコーディネーター

    Shintaro Uchinuma

    ブックコーディネーター

    Profile

    1980年生まれ。一橋大学商学部商学科卒。卒業後、某外資系国際見本市主催会社に入社し、2ヶ月で退社。その後千駄木・往来堂書店のスタッフとして勤務しながら複数のアルバイトを掛け持つかたわら、2003年、本と人との出会いを提供するブックユニット『book pick orchestra』を設立。平行して自身の「本とアイデア」のレーベル『numabooks』を設立し、現在に至る。

  • プロフィールを見る

    Shigeki Hattori

    graf

    Shigeki Hattori

    graf

    Profile

    1970年生まれ、大阪府出身。graf代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。美大で彫刻を学んだ後、インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちとgrafを立ち上げる。建築、インテリアなどに関わるデザインや、ブランディングディレクションなどを手がけ、近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。 京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。

  • プロフィールを見る

    Hirokazu Nagata

    NPO法人 プラス・アーツ

    Hirokazu Nagata

    NPO法人 プラス・アーツ

    Profile

    1968年兵庫県西宮市生まれ。 1993年大阪大学大学院修了後、株式会社竹中工務店入社。2001年同社を退社後、まちづくり、建築、アートの3分野での企画・プロデュース会社「iop都市文化創造研究所」を設立(2006年株式化)。2006年NPO法人 プラス・アーツ設立。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸『KIITO』の副センター長に就任。 企画・プロデューサーとして国内外での防災教育普及に取り組み、防災イベントの企画・運営や防災に関する講演や講座、企業の防災アドバイザーなど数多く務める。 主な企画・プロデュースに、楽しみながら学ぶ新しい形の防災訓練プログラム『イザ!カエルキャラバン!』(2005年~)、防災とクリエイティビティをテーマにした展覧会『地震EXPO』(2006年)、東京ガス全社員向けの防災啓発キャンペーン『SAVE YOURSELF』(2008年~)など。『第6回21世紀のまちづくり賞・社会活動賞』受賞。『第1回まちづくり法人国土交通大臣賞【まちの安全・快適化部門】』受賞。

  • プロフィールを見る

    Tomohiko Yoneda

    『ライフハッカー[日本版]』編集長

    Tomohiko Yoneda

    『ライフハッカー[日本版]』編集長

    Profile

    1973年福岡県生まれ。青山学院大学卒業。 研究機関、出版社、ITベンチャー勤務を経て、フリーの編集者・ディレクターとして出版からウェブ、ソーシャルメディアを使ったキャンペーン、プロダクト開発、イベント企画まで多岐に渡る企画・編集・執筆・プロデュースに携わる。2005年より「東京発、未来を面白くする100人」をコンセプトしたWebマガジン『TOKYO SOURCE』を有志とともに運営。2011年の約1年間、家財と定住所を持たずに東京という都市をシェアしながら旅するように暮らす生活実験『ノマド・トーキョー』を敢行。2014年『ライフハッカー[日本版]』の編集長に就任。 主な著書に『デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本』(PHP研究所)、『僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方 』(ダイヤモンド社)、共著に『これからを面白くしそうな31人に会いに行った。』(ピエブックス)、編集・プロデュース作品に『混浴温泉世界 場所とアートの魔術性』(河出書房新社)、『マイクロモノづくりはじめよう 「やりたい」をビジネスにする産業論』(テン・ブックス)がある。

  • プロフィールを見る

    Taro Okabe

    一般財団法人 たんぽぽの家

    Taro Okabe

    一般財団法人 たんぽぽの家

    Profile

    1976年、市民活動から始まった「たんぽぽの家」は、「アート」と「ケア」の視点から、障害のある人の暮らしやアートを通じての社会参加のサポートから仕組みづくり、研究活動、情報発信、配食サービスなど、幅広い活動を展開している。 その活動は、『一般財団法人たんぽぽの家』『社会福祉法人わたぼうしの会』『奈良たんぽぽの会』の3つの組織で構成されており、『一般財団法人たんぽぽの家』ではソーシャル・インクルージョンをテーマに、アートの社会的意義や市民文化についてといかける事業を展開している。 主なアート活動に、アートと社会の新しい関係を作る『エイブル・アート・プロジェクト』、障害のある人の綴った詩をメロディにのせてみんなで歌い、全国各地、年間約50ヵ所でコンサートを開催する『わたぼうしプロジェクト』など。 さらに、アート、デザイン、福祉の分野を超えた新しい働き方を作る『Good Job! プロジェクト』を2013年から開始、2016年9月『Good Job! センター 香芝』を開設。

  • プロフィールを見る

    METI

    経済産業省

    METI

    経済産業省

    Profile

    2001年、通商産業省から移行する形で設置された行政機関。民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を達成するため、経済産業政策、通商政策、産業技術、貿易・商務流通政策などを所管する。 2011年より、クリエイティブ産業の振興とクールジャパン政策の推進を目指し、生活文化創造産業課(クリエイティブ産業課)を設置した。

  • プロフィールを見る

    Masamichi Toyama

    株式会社スマイルズ

    Masamichi Toyama

    株式会社スマイルズ

    Profile

    1962年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、85年三菱商事株式会社入社。2000年株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。現在、「Soup Stock Tokyo」のほか、「giraffe」、「PASS THE BATON」「100本のスプーン」を展開。「生活価値の拡充」を企業理念に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず、現代の新しい生活の在り方を提案している。近著に『成功することを決めた』(新潮文庫)、『やりたいことをやるビジネスモデル-PASS THE BATONの軌跡』(弘文堂)がある

  • プロフィールを見る

    Eisuke Tachikawa

    NOSIGNER株式会社

    Eisuke Tachikawa

    NOSIGNER株式会社

    Profile

    NOSIGNER株式会社代表取締役 慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。在学中の2006年にデザインファームNOSIGNERを創業。現在、NOSIGNER株式会社代表取締役。 ソーシャルデザインイノベーション(社会に良い変化をもたらすためのデザイン)を生み出すことを理念に活動中。建築・グラフィック・プロダクト等のデザインへの深い見識を活かし、複数の技術を相乗的に使った総合的なデザイン戦略を手がけるデザインストラテジスト。その手法は世界的にも評価されており、Design for Asia Award大賞、PENTAWARDS PLATINUM、SDA 最優秀賞、DSA 空間デザイン優秀賞など国内外の主要なデザイン賞にて50以上の受賞を誇る。災害時に役立つデザインを共有する「OLIVE PROJECT」代表。2014年、内閣官房主催「クールジャパンムーブメント推進会議」コンセプトディレクターとして、クールジャパンミッション宣言「世界の課題をクリエイティブに解決する日本」の策定に貢献。 慶応義塾大学SDM 非常勤講師 法政大学工学部建築学科 非常勤講師

  • プロフィールを見る

    Masataka Baba

    東京R不動産

    Masataka Baba

    東京R不動産

    Profile

    建築家/Open A ltd.代表取締役/東京R不動産ディレクター 1968年佐賀県生まれ。早稲田大学大学院建築学科修了後、博報堂へ入社。 博覧会やショールームの企画等に従事。その後早稲田大学大学院博士課程へ復学、建築とサブカルチャーをつなぐ雑誌『A』編集長を務める。2003年、建築設計事務所Open Aを設立。個人住宅の設計から商業施設のリノベーション・コンバージョン、都市計画まで幅広く手がける。東京R不動産では編集・制作面を担当し月間300万PVの人気サイトに育て上げる。東北芸術工科大学教授を務めるほか、イベント・セミナー講師など多方面で活躍。 『だから、僕らはこの働き方を選んだ 東京R不動産のフリーエージェント・スタイル』(ダイヤモンド社)、『都市をリノベーション』(NTT出版)、『団地に住もう! 東京R不動産』(日経BP社)、『「新しい郊外」の家』(太田出版)など、著書多数。 近著に『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』(学芸出版)『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』(学芸出版)、『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』(学芸出版)など。