MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

事例紹介

2017.12.07

クリエイターとの協働で質の高いサービスを生み出す『GAHAMA terrace』

前回の記事に続き、別府市『潮騒の宿 晴海』の経営者でもある有限会社 松秀 代表取締役の久保力夫さんに、2016年にオープンした『GAHAMA terrace ( ガハマテラス ) 』についてお話を伺いました。

 

 

 

 

『GAHAMA terrace』は、別府市上人ヶ浜にあった昭和初期の建築『旧国武別荘』を再生させた旅館です。この旅館の総合プロデユースは、『晴海』のリニューアルにも関わった中野伸哉さんです。今回はその経緯や手法、またクリエイターとの協働に必要なことを伺いました。

 

『GAHAMA terrace』の前身である『国武別荘』は、久留米絣で財を成した国武 金太郎氏によって昭和2年に建てられた海浜別荘です。数寄屋風の書院造りの茶室や、キリシタン禁制時代の高札や水車の側板、杵や珍木などを組み合わせて空間を構成した『銀波の間』など、趣向を凝らした建築でした。戦後には九州電力が買収し、増改築して保養所として活用していました。しかし、この建物を現代のニーズに合わせながら維持管理していくことが困難になり、取り壊しの検討をされていました。これまでに同じような経緯で取り壊されてしまった貴重な別荘建築を見てきた久保さんは「別府の別荘文化を絶やしたくない」という思いから、保養所の買収を決断します。そして、改修やその後の経営プランについて、『潮騒の宿 晴海』のリニューアル時よりプロデューサーとして関わっている中野伸哉さんに相談しました。

 

かつての保養所の見取り図

 

「デザインならデザイナーに、コピーならコピーライターに、経営のことなら経営コンサルタントに頼めばいいけれど、その中間の悩みも数多くあります。中野さんと対話を重ねながら、そういう表面化していないモヤモヤした悩みや課題を見つけていきました」と久保さんは振り返ります。

 

『GAHAMA terrace』の入り口

 

まず始めに取り掛かったのはコンセプト作りです。「お客様の大事な1日を丸ごとお預かりするのですから、いいものを提供しなければならない」という久保さんの思いと、この建物が建つ上人ヶ浜の愛称「がはま」を照らすという意味を込めた『ガハマテラス』という名称から、中野さんは「GAteway to HArmony and MArineresort.この施設は調和への入り口です」というコンセプトを掲げます。

また、歴史的建造物を一企業が所有し、収益を伴う施設として活用していくことの意義をしっかりと説明する必要があると考えた中野さんは、第3者の視点で発信するためにメディアを活用することにしました。そこで久保社長は、テレビ番組の企画のなかで数々の別府の建築遺産が消えていった背景を語り、行政も民間も手が出せなかったこの建築をどのように遺していくのか、そして今後どのように活用するのかを紹介しました。この番組の内容は、後世にも伝えられるようDVDにも残しました。

 

「準備期間は1年ちょっとでしたが、その間にコンセプトやサービス、図面、メディアを活用した情報発信などを同時進行で進めていきました。中野さんの案を基に意見を出し合い、精度を上げていきました。中野さんとは、ときには突拍子もないアイデアも出しながら対話し続けることができる関係性だから、自分の思いを形にすることができるんです」と久保さん。

 

プライベート空間を楽しむことができる6タイプ全17部屋の離れ

 

『GAHAMA terrace』の大きな特徴の1つは、約3,500坪の敷地に17部屋という広々とした造りです。保養所だった頃に大浴場として使われていた円形の建物は、形をそのままにギャラリーショップへ、洋館はお客様が寛ぐためのサロンとして生まれ変わりました。また、茶室の畳は国東の七島イに張り替えるなど、より上質な空間へと変貌を遂げています。

 

改修にあたり、畳を国東七東イに張り替えた茶室

 

大浴場だった円形の建物は、その形を活かし、歩いて、触って、楽しめるギャラリーショップへ

 

客室のテラスからは別府湾を一望できる

 

一部の客室には源泉掛け流しの浴室やプライベートプールが備え付けられている

 

久保さんにクリエイターと協働していくうえで大切なことを訊ねると、「まずは何でも言い合える関係でいることですね」とお答えいただきました。「目指すべきビジョンを言葉や形にすることやコンセプト作りはとても大事なことですが、自分ではなかなかうまくできません。だからうちは中野さんにお願いしているんです」と久保さんがおっしゃるように、『GAHAMA terrace』では経営者の思いを整理し、共有するためにクリエイターの力を活用しています。しっかりしたコンセプトのもとに、誰もが同じビジョンを持ちお客様に接することは、サービス業において非常に重要なことです。そこに何でも言い合える関係性のクリエイターが関わることで、言語化しきれていなかった思いもしっかりビジョンに反映され、共有することができます。

『GAHAMA terrace』の質の高いサービスは、企業とクリエイターとの協働から生み出されていました。

 

 


GAHAMA terrace

住所: 大分県別府市上人ヶ浜5-32

電話番号: 0977-66-8833

HP: https://gahamaterrace.com/