MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

事例紹介

2020.03.26

Webサイト改修を中心としたリブランディングで温泉宿としての魅力を発信

今回は『クリエイティブ相談室』を活用した事例として、別府市の旅館『神丘温泉 豊山荘』とデザイナー・クリエイティブディレクターで『株式会社 Design totte』代表取締役の越田剛史さんとの協働についてご紹介します。

 

豊山荘は、別府市にある扇山の裾野に佇む温泉宿です。別府インターチェンジからほど近い好立地で、貸切露天風呂、岩盤浴、大浴場など6つの風呂を備え、別府では珍しい水溶性シリカやメタケイ酸などを含むアルカリ性の硫黄泉が自噴し、『つるヌルの美人湯』として幅広い世代の温泉好きに人気です。

 

 

3代目女将の水野しずかさんは、以前の豊山荘のWebサイトには、いくつかの課題があったと話します。「門限や駐車場、繁忙期に発生する予約金制度など、事前にお伝えすべき情報の周知が十分でなく、スタッフが対応に追われていたんです。本来ならばセールスポイントである『看板ネコ』の存在もうまく発信できておらず、アレルギーをお持ちのお客さまにはご迷惑をおかけしてしまうこともありました。またWebサイトの管理会社と連携がうまくいかず、修正に時間がかかったり、不具合が改善されなかったり、スムーズに運営できない状況が続いていました」さらに、価格帯などの条件が同等の旅館と比較したときに、「決めの一手」となる強みを打ち出せていないという悩みも抱えていました。

 

これらの問題を解決するために、水野さんは大分県のホテル・旅館を対象にしたWebサイト改修補助金の活用を検討しました。その申請には、Web制作業者の選定に対するアドバイスを県の指定機関から受けることが必須となります。そこで「Webサイトの効果を最大化するには、コンセプトをしっかりと立てなければならない。そのうえで、旅館が目指すべき姿を実現するためのツールとしてWebサイトを改修すべき」とのアドバイスとともにクリエイターとの協働を勧められ、『クリエイティブ相談室』を紹介されたのだそうです。

 

このような経緯から、水野さんは2019年8月に『クリエイティブ相談室』を訪れました。そこで相談室がご紹介したのは、Web制作の経験と知識が豊富な越田剛史さんでした。越田さんのインタビューはこちらでお読みいただけます。

 

越田さんと水野さんの打ち合わせのようす

 

越田さんは、11月の初旬から1月中旬にかけて水野さんに6回のヒアリングを実施し、その後ようやくWebサイトの制作に取りかかりました。「いつ制作が始まるのだろう」と、気持のはやる水野さんに、越田さんは「Webサイトの“人格”を決めるために必要なプロセスですからね」と、説明したそうです。「たしかに、1回で自分自身のことを正確に伝え切ることはできませんよね。時間をかけて細かく詰めていただいたおかげで、うちの旅館の個性とWebサイトの人格とが乖離しないように組み立ててもらえました」と、水野さんは振り返ります。

 

越田さんは豊山荘の強みや課題を洗い出し、ターゲット層の絞り込み、コンセプトや事業戦略の立案をおこないました。さらに、立ち寄り湯や岩盤浴の利用割合や利益率などの数字をもとに、旅館として強化していくべき事業の検討にも参与したそうです。

 

「第3者の客観的な視点でデータや経営の実情を再認識できました。最終的には、当初から特徴だと思っていた泉質が強みだという結論に至ったのですが、その過程で越田さんは、温泉分析表を見なくても特別な泉質であることが伝わるような工夫をしたいと言ってくれたんです。それは今までにない考え方だったので、印象的でしたね」

 

 

完成したWebサイト

 

完成したWebサイトは、文字組や写真で情報にリズムをつけ、シンプルながらも豊山荘の世界観を表現できるようデザインされています。情報が不透明にならないよう、写真を多く取り入れて、視覚的な説明も取り入れました。また、ブログを更新するとWebサイトの「お知らせ」が自動更新されるようになっており、従来の課題だった更新の煩雑さも改善しています。

 

水野さんは、「越田さんとの打ち合わせのほとんどは、お互いの認識を擦り合わせていく作業でした。しっかり合意形成を図ることでこちらの意図が正確に伝わり、満足度が大きく上がるということを実感しましたね」と振り返ります。「将来的に大浴場を建て替えたいと思っているのですが、今後も構想の段階から一緒に考えていただきたいです」と今後の協働にも意欲的です。

 

理想とする事業のあり方を実現するためのパートナーとして、水野さんと越田さんの関係性が長期的に継続していくことを期待しています。