MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

事例紹介

2020.11.05

女性らしく働き、高め合うソーシャル・プロジェクト

大分市にある『女性起業家・企業家プロジェクトiGC (以下、iGC)』は、2013年の発足から、働く女性たちがともに高め合うコミュニティです。『iGC』という名前は〈i〉intuitive = 女性ならではの直観力を活かし、〈G〉Geius = それぞれの分野の才覚を放つ、〈C〉Consulting = 互いに高め合うプロジェクト、というコンセプトから名づけられました。なぜこのような社会的な活動を始めたのか、働く女性にどのようなサポートをしているのかなど、代表の宮脇恵理さんにお伺いしました。

 

iGC代表 宮脇恵理さん

 

宮脇さん自身、建設業向けの原価管理システムを開発・販売している会社を経営し、同僚もお客様も男性という環境のなかで、営業職として忙しく全国を飛び回ってそうです。

「ある若手経営者の勉強会で、同世代の女性経営者の大山直美さん (Team & AMA RE 代表) と出会い、女性として生まれ仕事を続けることについて話をするようになりました。また同時期にメンターである経営者から『10年後はどうなっていたら嬉しい? どんな自分を目指している?』と問いかけられました。その問いに答えることができなかったとき、仕事に家事、子育てと、自分がどうなりたいかを考える余裕もなくただ必死で過ごしていたことに気づきます。また、周りを見回すと、家族や子ども、誰かのためという生き方をして、自分のあり方を後回しにしている女性が多いと感じたそうです。

 

これからの働き方や、今後自分の目指す未来を改めて考えた宮脇さんは、大山さんと女性向けのイベントやセミナーを企画するためのサークル活動を開始し、仲の良い経営者や起業家に声をかけました。その活動は口コミで広がり、1年で100名ほどの人数になったそうです。この活動を事業化するため、事務局として『合同会社アイ.ジー.シー』を立ちあげました。

 

iGCには現在、職種も多様な約400名のパートナーと呼ばれる会員が入会しています。経営者や起業家、勤務している女性、起業を目指す女性、いつか働きたいと思っている人など、パートナーのビジネスへの関わり方もさまざまです。このコミュニティは、交流会やセミナーを通して仲間たちとともに学び、キャリアアップを目指したり、異業種間のビジネスコラボレーションを促進する場になっているのだそうです。

 

パートナーの要望によるセミナーやイベントが開催される

 

合同会社 アイ.ジー.シーは事務局として、コミュニティ運営のバックオフィス事業や女性起業家のプロダクション事業を担っています。多様な職種のプロたちの力を活かし、ビジネスに対する課題解決の依頼を受けています。クライアントは官公庁、企業、団体などさまざまです。事務局がクライアントにヒアリングをおこない、課題に応じて選出したパートナーに依頼をしてチームを編成し、毎回違うアプローチで対応しています。

高いクオリティやスキルを持つパートナーの魅力を組み合わせ、iGCがプロデュースし受託者となることで、個人ではできない大規模なプロジェクトを生み出し、各々の実績・経験を積んでいくことを目指しているといいます。

 

 

「職員の心身の健康をサポートしたいという依頼を受け、『毎日続けられる心・体・食のケアプログラム』を実施しました。これは、イメージコンサルタント、カラーコンサルタント、看護師、管理栄養士、コミュニケーショントレーナー、ヨガインストラクター、運動指導士、理学療法士など、各分野のプロが多角的にプランニングしたプログラムです。参加者からは男女問わずとても好評でした。この細やかな女性ならではの視点や発想力がキーになると考えています」と宮脇さんはいいます。

 

 

プロダクション事業では、講師のスキルや、これまで培ってきた経験・知識に適正な価格を設定することで、ブランディングにも繋げています。しかし、案件によっては個人のスキルでは足りない部分が出てくることもあります。そういう局面で、必要な分野のプロをパートナーからアサインできることもiGCの強みですが、個々のパートナーのスキルアップもサポートするため、セミナーなどの人材育成もおこなっています。

 

そして、このようなサポートによる組織や事業の成長を経験し、実績を積んだパートナーが、これから起業したいと思っているパートナーをサポートしていくという循環が生まれているのだそうです。

 

「起業や経営は孤独です。iGCは、同じ不安や悩みを抱える人同士が仲間として集う、サードプレイス的な場所です。今後も女性の働き方や生き方をみんなで考える、プラットフォームとして機能させていきたいです」と、宮脇さん。

 

さらに「女性が現代の社会情勢に柔軟に対応しながら働けるような仕組みを作っていきたい」と熱を込めて語ります。そのために、当事者である女性自身が変化と成長を求めて立ちあがったのがiGCです。

女性のしなやかさと企業家や専門家としての知見を活かし、幅広いビジネスサポートを提供するiGCの活動が、今後ますます社会に浸透し、大きな波を起こすことを期待しています。

 


 

女性起業家・企業家プロジェクトiGC https://suits.media/igc44