MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

事例紹介

2020.09.03

「地域ブランドの作り方」 『おおいたデザインエイド2020』 第1回クリエイティブセミナー開催レポート

地方都市の企業経営における課題をデザインの力で解決した実績を多く持つクリエイターを講師招く『おおいたデザインエイド2020』クリエイティブセミナーの第1回目が、2020年8月8日、ホルトホールにて開催されました。

 

今回は「地域ブランドの作り方」をテーマに、兵庫県神戸市を拠点に活動するトランクデザイン 株式会社 代表取締役でクリエイティブディレクターの堀内康広さんを講師に迎えました。地場産業のブランディングやプロデュース、オリジナルプロダクトの企画や販路拡大のアドバイスなどを手がける堀内さんは、ご自身の関わった産地と購買者を繋ぐデザインについて講話しました。

 

兵庫県のものづくりの歴史や高い技術に関心を持った堀内さんは、県内の地場産業や伝統工芸の産地を巡りリサーチをするうちに、作り手の方々から相談を受けるようになりました。それがきっかけとなり、産地の課題解決を図るデザインや商品開発を手がけるようになりました。こうして生まれたプロダクトは『Hyogo craft』として、堀内さんの事務所に併設されているショップで販売されています。

 

『Hyogo craft』の大きな特徴の1つは経済の循環です。

通常、デザイナーはクライアントからの依頼に対してデザインを制作し、納品後にデザイン料を受け取ります。しかし、比較的小規模な地場産業や伝統工芸の場合、事前にデザイン料を捻出することが難しいケースもめずらしくありません。そこで『Hyogo craft』では、作り手から買い取った素材で商品を製造・販売し、その利益をまた素材購入費に充てるという流れを作りました。また、商品のプロデュースやプロダクトデザインを手がける際も、ロイヤリティ契約を結ぶなど、作り手に負担がかからない関係性を構築するなど、産地と並走しながら好循環を生み出すビジネスモデルをデザインしてきました。

 

『Hyogo craft』のプロダクト

 

『Hyogo craft』の第1号プロダクトは、兵庫県丹波市の製材所と協働した木製の器『森の器』です。間伐材や地域材を活用して作られた『森の器』には、材木の生えていた場所を示す緯度経度や伐採された年月が刻印されています。これは、森を守り維持していくために、器を手にした人が森を思い、いつか訪れてみたいと感じてもらうための、産地と購買者との縁を紡ぐためのデザインです。いまでは、兵庫県だけではなくほかの産地でも作るプロジェクトとして成長しています。

 

続いて、兵庫県の地場産業であるマッチとお香を掛けあわせて生まれた『hibi』の開発についても紹介されました。2つの地場産業の課題解決を同時に図ったこのプロダクトは、2018年に台湾のデザインアワードで最優秀賞を受賞、2019年のGOOD DESIGN賞では、『BEST100』『GOOD FOCUS賞 (技術・伝承デザイン)』を受賞、取扱店舗は国内500店舗、海外30カ国出荷 (2020年時点) と、大きく注目を集め世界にその市場を広げています。

 

会場にはお香『hibi』も展示された

 

また、経済産業省の『MORE THAN PROJECT』では、兵庫県小野市の伝統的工芸品『播州そろばん』の海外販路開拓に関わったそうです。まず産地に通って課題やビジョンを探り、綿密なリサーチを重ね、日本式の計算学習が浸透しつつある国を販売先として選定し、オリジナルそろばんづくりを体験するワークショップを開発。そろばんに触れたことのない国の人々に、文化とともにその魅力を伝え販路開拓に繋げるデザインとして、ワークショップそのものを商品として販売しました。

 

堀内さんは、その土地にしかないものや技術に大きな価値を見出します。そして、その価値を作り手と使い手の双方にその価値を伝え、産地と購買者を繋ぐためのデザインを担っています。

最後に堀内さんは「デザインとは商品の良さを伝えるための手段であり、通訳のようなものだと思います。クリエイターと一緒に誰に伝えるのか、どうやって伝えるのかを学びながら、大分の素晴らしいものづくりを世界に発信していってください」と、受講者にエールを送りました。

 

おおいたデザインエイド2020』クリエイティブセミナーは、今年度全3回開催されます。CREATIVE PLATFORM OITAでもセミナーの様子をお伝えいたしますが、オンラインでの受講を受け付けておりますので、興味のある方はぜひご参加ください。

 

 

おおいたデザインエイド2020 (https://oita-designaid.jp/event/)
TRUNK DESIGN (https://trunkdesign-web.com)