MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

事例紹介

2020.07.02

集客力のあるECサイト構築を目指す中小企業向けセミナー 『Google ECビジネス成長戦略セミナー』開催レポート

2020年6月25日、ホルトホールにて『Google ECビジネス成長戦略セミナー』が開催されました。新型コロナウイルスへの対策を講じながらの開催となりましたが、事前予約で満席となり、30名を超える受講生が熱心に聴講しました。

 

Google Japan主催のこのセミナーは、全3回の連続オンラインセミナーです。通常はオフィスや自宅のPCで各自が視聴するコンテンツですが、全国で大分と熱海のみ視聴会を開催し、質疑応答や、セミナーの内容をより具体的にイメージしてもらうための実演がおこなわれました。

第1回目となる今回のテーマは「生活者の最新購買行動とビジネスを加速させる成長戦略のポイント」でした。現在、新型コロナウイルスの感染拡大は、小売業をはじめさまざまな業種に影響をおよぼしています。そこで新たな販売チャネルを獲得するため、ECサイトを立ちあげる事例も多く耳にします。しかし、ECサイトは立ちあげそのものよりも、いかに活用するかが重要です。今回のセミナーでは、より集客力のあるECサイトを作るために有効な知識を学びました。

前半はグーグル合同会社 戦略顧客営業部・アカウントストラテジストの糠谷貴広氏によるオンライン講座を受講しました。糠谷氏は、Googleが公開しているツールを用いて最新の消費者動向のデータを分析することの重要性と、ビジネスに活用した事例を紹介しました。

セミナーの詳細は『Google 中小企業デジタル活用応援プログラム』にてご覧いただけます (視聴には登録が必要です)。

 

セミナーでは、昨今のデジタルコンテンツにおける消費拡大の現状を示したうえで、この動向にビジネスが柔軟に対応するために、Googleが公開する無料ツールの活用法が紹介されました。

その1つ目が『Googleトレンド』です。これはGoogle上で検索語句が、いつどのように検索されているかをグラフで確認することができるツールです。

 

『Googleトレンド』では同じ意味を持つ検索ワードの比較もできる

 

あわせて『リテール版トレンドクエリ』を活用することで、Google上で検索数が急上昇している語句や、どの地域で急上昇しているのか、ともに検索されているキーワードなどを把握することができます。

これらのツールを併用し、検索ワードのトレンドや検索の動機を探り、消費者のニーズがどこにあるのかを把握することで、自社のECサイトを検索でヒットしやすくするための戦略を立てることができます。

さらに、これらの語句を『Googleアラート』に登録しておくことで、関連する情報を含むコンテンツが公開されるとメールで通知されるよう設定することもできます。

こうして消費者の動向やトレンドを常にリサーチするのと同時に重要なのは、自社のECサイトを分析することです。『Googleアナリティクス』を活用すれば、自社のECサイトの訪問者がなにを求めてどのような行動に至ったかの解析が可能です。そこでターゲットのニーズに応え。情報を的確に届けることができているのかを把握し、改善に繋げることができるのです。

これらは全て無料で利用できるツールですが、Google広告に出稿することにより、同社からより専門的なサポートを受けることができるそうです。

 

ここまではオンラインセミナーで配信された内容となりますが、この日はさらに大分県の中小企業を対象にGoogle Japanの社員3名が質疑応答に対応しました。

「トレンドワードの分析をどのように集客に繋げばいいのか」という質問に対して、まず無料でできる対策としては自社名・商品名や関連する語句を検索すると、どのような結果が表示されるかを把握し、ユーザーの求める情報が見つかりやすいように設定すべきというアドバイスがありました。さらに広告出稿をする際には、消費者の動向を分析し、最も効果的な設置場所を検討することが重要であるとのことでした。

また、現在はスマートフォンでの検索が全体の8割を占めており、集客力のあるECサイトになるにはスマホ対応が必須であるという指摘もありました。

最後に、『Googleトレンド』などのツールの具体的な活用方法がデモンストレーションされ、セミナーは終了しました。

 

会場参加者向けのデモンストレーションの様子

 

インターネット上には無数のコンテンツがあり、消費者はそのなかから自分の求める情報を探してさまざまな語句で検索をしています。全く予想外の検索ワードによって商品にたどり着く例も少なくはなく、情報発信における分析の重要さを再認識しました。

消費者が日々どのような検索をしているかを把握し、ストレスなく情報がヒットするよう設定することが、効果的な集客に繋がります。まずはGoogleの無料ツールを活用して、自社のサイトや情報発信がターゲットに的確に届くものになっているかを分析してみてはいかがでしょうか。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

第2回目以降も、こちらから視聴できます。
 

Google 中小企業デジタル活用 応援プログラム

https://adsonair.withgoogle.com/events/jpsmbsupport

 

[第2回]新規顧客獲得と収益拡大に貢献する Google 広告の解説 (基礎編)

  日時:2020年7月2日 (木) 14:00 – 15:00

 

[第3回]訪問者を顧客に変え、投資収益率を最大化する顧客体験の向上 (基礎編)

  日時:2020年7月9日 (木) 14:00 – 15:00 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –