MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

事例紹介

2020.11.19

国際的な視点を強みに、別府から新しい映像を海外に発信する『STEQQI』

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、観光業も大きな影響を受けた2020年6月に公開された1本のPR動画『別府 THE ONSEN JOURNEY』。インバウンドを見据えて制作されたこの動画は、これまでのPR動画のようにおいしい食べ物や、温泉や旅館、観光地をメインにしたものではありません。46億年前に地球が誕生するところから始まり、熱源や断層ができ、雨水が温泉になることを美しく壮大なCGを基盤に、別府の温泉と豊かな自然、活気ある人々の姿が紹介される、「別府を知ることができる」PR動画です。

 

この映像を作ったのは、立命館アジア太平洋大学 (以下、APU) 卒業生のカムガード・ワチャレイントーンさん (通称:ビル) 、宮嶋トゥフォンさん、津々見 佳苗さんの3名が2018年4月に起業した映像制作会社『株式会社STEQQI (以下、STEQQI)』です。2019年9月には、日田市小鹿田焼の窯元の継承をテーマにした映像作品『小鹿田焼BELONG』で『ニッポンものづくりフィルムアワード』グランプリを受賞するなど、注目を集めるSTEQQIのみなさんに、起業のきっかけや、映像制作についてお話をお伺いしました。

 

左:津々見 佳苗さん 中央:カムガード・ワチャレイントーンさん 右:宮嶋トゥフォンさん

 

撮影を主に担当しているビルさんが、映像制作を始めたのは中学生の頃。学校の授業のプレゼン資料のために、動画も撮れるコンパクトデジタルカメラで映像を撮ったのがきっかけでした。編集も撮影方法も独学で、さまざまな映像作品を自主制作しながら手探りで学んできました。大学進学時には母国タイで映像を学ぶことも考えましたが、もともと日本文化に興味をもっていたこともあり、APUに進学しました。

「別府に住み始めて驚いたのは、明礬や鉄輪の温泉地の景色や匂いです。他の国や、日本の都市のどこにもない、とてもユニークな土地だと感じました。立ちのぼる湯けむりに陽が射す景色は、とてもインスピレーションを掻き立ててくれます」とビルさんは語ります。

在学中にビルさんが携わったAPUの1年間を紹介する映像作品が、APUのプロモーションビデオに採用されます。この制作での経験が大きなきっかけとなり、より多くの方々に向けたビジュアルコンテンツを提供し続けたいと思うようになります。大学の卒業を控えた頃には、別府に残って映像を作れないかと考えるにいたり、その頃から宮嶋さんとともに『おおいた留学生ビジネスセンター』に実務的なサポートを受け、STEQQIを起業。同じタイミングで日本語と英語でのコミュニケーションに強い津々見さんも参加し、企業のコマーシャルやドキュメンタリー映像を手がけてきました。

 

『別府 THE ONSEN JOURNEY』は、『別府市産業連携・協働プラットフォーム B-biz LINK (以下、B-biz LINK)』の依頼によって制作されました。B-biz LINKからは、「海外に向けて、今までにない別府のPR動画を作りたい。観光地や食、温泉の魅力を伝える動画はすでにたくさんあるので、ジオグラフィックの視点を中心にした動画にしてほしい」と依頼を受けたそうです。そこでSTEQQIは、「温泉の水が旅をする」「見ている人が水と一緒に旅をする」をテーマに、温泉の派生について徹底的にリサーチを始めます。京都大学 名誉教授で理学博士、大分県温泉調査研究会 会長の由佐悠紀先生に特別講義をしてもらったほか、多くの文献を借りて調査を進めたそうです。

制作を始めてからも由佐先生に、マグマの流れや地層の動きの再現などにアドバイスをもらったそうです。「撮影には、多くの市民の方に協力していただきました。別府の人たちに支えられて撮影ができたと思っています」と、ビルさんは言います。

 

『別府 THE ONSEN JOURNEY』

 

撮影以外の部分はタイ、アメリカ、日本のチームと遠隔で制作しました。海外チームも、動画を制作するうちに温泉と科学が繋がっているということを知り、温泉自体に興味が湧いたといいます。

「いつか日本に行きたいと思っている外国人は、今でも大勢います。そういう人たちに、このPR動画はきっと届いていると思います。コロナ禍で人や物流の動きは減りましたが、映像の需要は今後ますます増えいくと思います。」とビルさんは言います。

動画を公開後、他言語のバージョンを望む声も多く寄せられたそうです。「より広く海外に発信するため、他言語のバージョンも増やしていきたい」と今後の展望を語ってくれました。

 

「STEQQIの強みは、3人のバックグラウンドが違い、目線が全く違うことです。その目線を1つにすることで、動画を通じて世界中の人に語りかけることができるんです」と津々見さん。

出身国も違えば、経験も違うSTEQQIの3人は、その異なる視点を活かして、全世界に向けた映像作品を発信しています。さまざまな経験を通してこれからも、思いもよらない別府の姿、大分県の姿を映し発信してくれることを期待したいと思います。

 


STEQQI (https://www.steqqi.com/)

『別府 THE ONSEN JOURNEY』動画 (https://youtu.be/VzbwKqLSvVw)