MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

事例紹介

2016.09.29

防災キットの課題をデザインで解消 『THE SECOND AID』

OLIVE

ART DIRECTION: EISUKE TACHIKAWA (NOSIGNER)
GRAPHIC DESIGN: EISUKE TACHIKAWA (NOSIGNER)
MANAGEMENT: OLIVE PROJECT , OLIVE SUPPORTER
PHOTO (disaster area): YANOPIC
PHOTO (another): NOSIGNER
YEAR: 2011

 

被災地の生活を支援するデータベース『OLIVE』は、東日本大震災発生の40時間後に立ち上がりました。多くの人が命を救うための知識を書き込み、4ヶ国語に翻訳もされました。

これは、見た目のかっこよさや美しさではなく、被災地で本当に必要とされている情報をいち早く届けるための、行為のデザインでした。これを手がけた太刀川さんは「いいデザイナーとはいい媒介であること」だとおっしゃっていました。 昨年、東京都が750万部を発行し、都内各家庭に無料配布した防災ブック『東京防災』は、ここに寄せられた情報を元に制作されました。

 

 

東京防災

CREATIVE DIRECTION :RYOSUKE SAKAKI(DENTSU INC.)
ART DIRECTION: EISUKE TACHIKAWA (NOSIGNER) RYOSUKE SAKAKI(DENTSU INC.)
GRAPHIC DESIGN: KAORI HASEGAWA, ANDRADITYA D.R.(NOSIGNER)
EDITION: RYOSUKE SAKAKI(DENTSU INC.), EISUKE TACHIKAWA, KAORI HASEGAWA(NOSIGNER), NAO TACHIBANA, MAI FUJITA, YUICHI GOTO(Brainship Co., Ltd)
ILLUSTRATION: OKAMURA YUTA
COMIC: KAIJI KAWAGUCHI
CLIENT: Tokyo Metropolitan Government
COLLABORATION: DENTSU INC.
PHOTO: NOSIGNER
YEAR: 2015

 

『OLIVE』の立ち上げから2年後、太刀川さんの元に宮城県の工場機器の卸会社、高進商事から一本の電話がありました。それをきっかけに、太刀川さんと高進商事は、防災キット『THE SECOND AID』の製作に取り掛かりました。
『THE SECOND AID』は、A4サイズのコンパクトな箱に、災害時の必需品15点と、『OLIVE』の情報を元に作られた防災ハンドブックが収納されています。

 

 

the-second-aid_1

ART DIRECTION: EISUKE TACHIKAWA (NOSIGNER)
GRAPHIC DESIGN: KAORI HASEGAWA,TOSHIYUKI NAKAIE (NOSIGNER)
CLIENT: KOHSHIN SHOJI CORPORATION
PHOTO: TAKESHI KAWANO (NOSIGNER)
YEAR: 2014

 

ところでみなさんは、防災キットをどこに置いていますか?きっと多くの方が、無骨でかさばる防災キットを押入れにしまいこんでいるのではないでしょうか。でも、それではいざ災害が起きたとき、すぐに取り出すことができませんよね。 『THE SECOND AID』は、リビングに置きたくなるほどおしゃれなデザインにすることによって、防災キットを必要なときにすぐ手に届く場所に置いておけるものへと変えました。さらに、A4サイズのブック型の箱は、書棚やデスクにもすっきりと収まります。これは、災害時に多く見られた防災キットの課題をデザインの力で見事に解消した例だと思います。

 

the-second-aid_2

 

the-second-aid_3

 

この製作に取り組まれた高進商事は、 B to C商品の製造・流通は初めてだったそうです。しかし、被災の経験から強くこの商品が必要だと感じ、社長のもと社員が一丸となって製作に当たられたそうです。このような、依頼者の強い熱意がデザイナーの心を動かし「本当に必要とされるものを作ろう」というクリエイターの想いをさらに強くしました。

 

大分県でも、こうした強い想いを持った人々が、その熱をクリエイターに伝えることによって、ただ見た目のかっこよさにこだわるのではなく、本当に必要とされる新たな商品・サービスが生まれていくことを願っています。

 

CREATIVE PLATFORM OITA 編集長

山出 淳也