MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

おしらせ

2017.07.11

【相談室レポート】大分エコセンター 株式会社の取組

昨年度に開催した『出張! クリエイティブ相談室』で、「アップサイクル」の取組についてご紹介してくれた、資源リサイクル業を営んでいる大分エコセンター 株式会社の大山直美さん。今年度も引き続き、『クリエイティブ相談室』にてご相談を承っています。今回、大山さんから活動の最新情報が届きました。

 

2017年12月9日(金)『出張! クリエイティブ相談室』の記録はこちら

 

【第1回 アップサイクル cafe】

県内企業の端材を活用したアップサイクル商品の開発に、ご意見を募集する会とのことです。

ご興味のある方は、下記をご確認ください。

 

内部

 

【詳細】

テーマ:「TeamⓇペット用フェンス・迷子札のマーケティング」

日時:2017年7月15日(土)14:00〜16:00

会場:azito(大分市金池南1-5-1 コレジオ大分2F) 大分駅から徒歩4分

参加費:無料(コーヒー&スイーツ付きby10 coffee brewers)

定員:40名(先着順)

対象:アップサイクルに関心がある方、超小型犬や小型犬の飼い主さま、ペットグッズ販売元さま

 

お申し込み方法:

下記のE-MailまたはFacebookページよりお申し込みください。

E-Mail:team2014@eco-center.co.jp

Facebookページ

 

主催:大分エコセンター 株式会社

Team (The eco-alliance museum) 事業部

E-Mail:team2014@eco-center.co.jp

 


Team ~The eco-alliance museum~

 私たちの再資源化事業は初代の創業以来80年が過ぎ、リサイクル分野で多様な経験とノウハウを備えてきました。

 私たちの工場には、産業界や経済活動で発生した多種多様な廃材が来る日も来る日も大量に運び込まれます。それらを大型プラントで破砕し、圧縮や選別を加えて、最大限に再資源化することで社会に還元しています。

 しかし、大分エコセンターが創業15年目を迎える頃、廃棄物が増加し続けることは社会全体の利益にはつながらず次世代への負荷増大になることに気づき、新たな事業展開の必要性を感じました。

 地域の方々、学生や団体等と協働して、環境と経済の好循環~サスティナブル・ソサエティ(持続可能な社会)~を形成するため、環境企業としてコミットする使命感を覚えました。

 私たちは廃材を大切な「地域資源」だと捉えています。廃材にデザインの力を加えて地域でシェアすることで他の3つのR(リユース・リデュース・リサイクル)を推進していきます。

 私たちはクリエイティブな発想によるエコ・アイデアを最大限に引き出し、共有し、資源の過剰消費の抑制・環境負荷の低減・社会的利益の増大を進め、サスティナブル・ソサエティの実現を目指してます。

 さあ、あなたもTeam(チーム)の一員になりませんか? 一緒に環境と経済の好循環を創出していきましょう。