MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

おしらせ

2018.01.30

安部芽衣さん(Kame Graphics/グラフィックデザイナー)

今回は日出町を拠点に活動するグラフィックデザイナー、『Kame Graphics』の安部芽衣さんをご紹介します。安部さんは、福岡県の印刷会社やデザインプロダクションで経験を積み、出産を機にご主人の出身地、別府市へ移住しました。現在は、ご主人と経営するコーヒー店『KAME COFFEE ROASTERS』を拠点に、紙媒体中心にグラフィックデザイナーとして活動されています。過去に手がけた事例を交えながら、手に取ってもらうためのデザインのポイントや仕事で大切にしている考えについてお話を伺いました。

 

聞き手:CREATIVE PLATFORM OITA(CPO)


CPO:デザイナーを志したきっかけを教えてください。

 

安部:設計やインテリアコーディネーターにあこがれて、福岡県の専門学校に進学しました。そこで、3Dや空間デザインも学びましたが、もともと絵を描くのが好きだったこともあり、2Dに面白さを感じたんです。卒業後は、折り込みチラシなどを作る制作会社でDTP(コンピュターで印刷物の企画・デザインをすること)の基礎を学びました。また、その後勤めた福岡県のデザインプロダクションでは、「デザインとは何か」という今の仕事の根幹を教えてもらいました。デザインや広告を面白いと思ったのはこの会社に所属したときからです。

 

CPO:大分県に移住されてからは、どういった仕事をされていますか?

 

安部:今は広告代理店からの仕事が多いです。企業の会社案内、折り込みチラシや新聞広告、コンセプトブック、ポスター、ロゴマークなど幅広くさせていただいています。案件によっては、ディレクションやイラストの制作まで相談に乗ります。クライアントは地元企業が中心で、銀行や飲食、ブライダル、自動車など、業界も多岐に渡ります。企業や事業のイメージに合わせていろいろなテイストを提案できるのは、私の強みだと思います。

 

 

CPO:ご主人とともに経営されている『KAME COFFEE ROASTERS』の商品も安部さんがデザインされているそうですね。

 

安部:コーヒー豆のパッケージ、グッズ、店内に飾っているポスターはイラストも含めて全てデザインしました。たとえばパッケージは、店主である夫の要望をくんで、イラストと、種類ごとに振ってある数字を目立つようにしています。これは、難しい産地の名前よりも、イラストや番号のほうが覚えやすく、次回購入するときに希望の品を伝えやすいように、という思いからです。また、イラストはそれぞれ産地にちなんだものになっていて、コスタリカだったら現地に生息しているナマケモノを描いたり、中央アメリカのニカラグアでは国旗に記されている、「自由の象徴の赤い帽子」をかぶった坊やをモチーフにしたりしています。イラストの部分を切り取って集めてくださる方もいて、とても嬉しいです。

 

 

 

CPO:他に大分県内で手掛けた事例も教えてください。

 

安部:別府市にある竹工芸の工房・ショップ『cotake』さんのデザインワークを担当しました。ショップカードは質感のある紙に、竹かごのイラストを白インクで載せて、レトロな風合いに見えるよう印刷しています。最初から最後までという意味を込めてオーナーが考えた「一から了まで」というコンセプトをもとに、「子」という漢字をモチーフにしたロゴも制作しました。cotakeさんもそうだったのですが、クライアントが新規店舗の開店準備をしている場合、カードの素材として使える店舗や商品の写真がないことも多いので、イラストを描くなどその都度どうするか考えます。どんな案件にも通じることですが、コミュニケーションしていくなかで一番大事なものは何か、お互いに探っていきます。

 

安部さんが手がけたショップカードの一部。右下が『cotake』のもの

 

CPO:安部さんはショップカードなども多くデザインされていますが、このようなツールはお客さんに手に取ってもらえて初めて意味がありますよね。手に取られやすいカードの特徴はありますか?

 

安部:サイズの小さいものほど持って行かれる傾向にあります。カバンにサッと入れられるのがいいのだと思います。サイズが小さいと、情報があまり載らないと心配される方も多いのですが、時代的な背景を考慮して掲載情報を取捨選択することも重要です。たとえば、私はよく地図は必要ないとご説明します。ほとんどの人がスマートフォンやPCを持っているので、住所があれば検索できますよね。カードはプロモーションのためのツールでもありますが、WebサイトやSNSなどのプロモーション媒体に誘導するためのツールとも捉えています。

 

CPO:お店のロゴデザインも多様ですね。

 

安部:ロゴを作るときは、できるだけオリジナルのフォントで作ることを心がけています。企業ロゴの価値を高めるために、できれば一般的なフォントではなく唯一無二のフォントを使った方がいいと思っています。ただ、大変な作業なので、予算や時間がかかります。余裕がないときは、割り切って既存のフォントを使うこともありますが、できればオリジナルフォントを作るところからやりたいですね。

 

小さくてかつ切り込みなどのギミックが入っているものは、持ち帰られる確率が高いという

 

 

CPO:日頃、デザインの仕事をするうえで気を付けていることはありますか?

 

安部:発注した相手の意図をしっかり考え、私の仕事がどういう作用を生み出すべきか役割がぶれないように気をつけています。必ずしもかっこいいものだけではなく、あえて泥臭いデザインが必要になるときもあります。「あなたたちはアーティストじゃない」と、福岡のデザインプロダクションに所属していた時代に、よく言われていました。自己満足ではなく、作ったものを100人が100人いいと思えるもの、伝えたいことがみんなに伝わることを目指さないといけないのがデザインや広告だと思います。

 

CPO:今後、県内の企業と取り組んでみたいことはありますか?

 

安部:今は短期的なご依頼が多いのですが、これからは課題を抱えている企業の問題解決のために長期的に関わり続けることができるような仕事ができたらいいなと思います。企画の段階からお手伝いをして、経過も共有しながら伴走できるような、もっと問題解決のためのデザインを目指してやってみたいと思っています。

 

_______________

安部芽衣

Kame Graphics

1979年生まれ。福岡県のデザイン専門学校を卒業後、印刷会社に入社。
その後、広告デザイン制作を主とするデザインプロダクションに入社し、約5年程勤務。
2006年に、第45回福岡広告協会賞 SP部門 銀賞を受賞。
同年、出産を機に別府市に移住。
大分で知り合った女性3人で『design studio SACCA』を設立。
2011年に独立し『Kame Graphics』を設立。

_______________