MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

おしらせ

2018.03.07

平成29年度 木材製品デザイン力向上事業 講演会 「良いモノとは何か?」 今求められるモノづくり

今、消費者ニーズの多様化や流通の変化などにより、求められるモノづくりのあり方が大きく変化しています。

日田材ブランドにおいても、付加価値の高い商品を開発し、いかにその魅力やブランド力を向上させていくかが喫緊の課題となっています。
そこで、このたび日田市では、『木材製品デザイン力向上事業』の一環として、日田材を活用した商品の競争力の向上・需要拡大を目指す学びの場として講演会を開催します。講師にお招きするのは、ランドスケーププロダクツの中原 慎一郎氏。数々の商品開発やプロジェクトにたずさわる中原氏の知見に触れ、日田らしさを活かした、今求められるモノづくりのヒントを探ります。ぜひご来場ください。

 

◼ゲスト:中原 慎一郎 (プロデューサー/ランドスケーププロダクツ ファウンダー)
◼モデレーター:山出淳也 (NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事)
◼開催日時:2018年3月28日(水) 18:30-20:00 (受付開始 18:00)
◼会場:日田市複合文化施設 アオーゼ 2階会議室 (大分県日田市上城内町2番6号)
◼参加費:無料
◼定員:40名程度

 

<交流会>
講演会のあとにゲストと参加者の交流会をおこないます。こちらもぜひご参加ください。
◼時間:20:30 ~ 22:00
◼参加費:3,500円(税込)
※事前申込が必要です。

 

主催:日田市

後援:CREATIVE PLATFORM OITA

企画:NPO法人 BEPPU PROJECT

 

ーーーーーーーーー

中原 慎一郎 プロフィール

1971年鹿児島県生まれ。ランドスケーププロダクツ ファウンダー。1997年に『ランドスケーププロダクツ』を立ち上げ、2000年に法人化、オリジナル家具等を扱う旗艦店『Playmountain』をオープン。その後、カフェ『Tas Yard』、コーヒースタンド『BE A GOOD NEIGHBOR COFFEE KIOSK』、ギャラリースペース『CURATOR’S CUBE』、ヴェトナム麺食堂『Pho 321 Noodle bar』の展開、住宅/店舗のデザイン業務、イベントプロデュース/ブランドディレクションを手がけるなど活動範囲を広げる。2012年から鹿児島県のモノづくりプロジェクト『MIGOTE』のアドバイザーも務めた。2017年2月、サンフランシスコに『Playmountain EAST』をオープン。

ーーーーーーーーー

 

【参加申込方法】
件名を「3/28講演会参加申込」とし、「氏名・ふりがな」「会社名・団体名/役職」「メールアドレス」「電話番号」「講演会のみ または 講演会・交流会とも参加」を明記のうえ、FAX・Eメール・電話のいずれかで下記にお申し込みください。

 

【お申し込み・お問い合わせ先】
日田市 農林振興部 林業振興課 (担当:田中)
電話:0973-22-8362 fax:0973-22-8246 e-mail:rinsei@city.hita.oita.jp