MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

INTERVIEW

Interview

2017.07.27

音楽作家
清川進也さん

今回は、音楽作家の清川進也さんにインタビューさせていただきました。
清川さんは長年広告業界で活躍し、音楽や映像など表現の領域を拡げてきました。2015年に制作した大分県のPR動画『シンフロ』では、Webプロモーションの成功の指標と言われる100万回再生を7週間で達成。その後、制作した別府市のPR動画『湯~園地』では3日間で100万回再生を超え、現在、『湯~園地計画!』の総合プロデューサーとして、実現に向けて準備に取り組まれています。
さまざまな企業や自治体との協働で新たなコミュニケーションを仕掛ける清川さんに、制限のある中でのクリエイティビティの発揮の仕方や、届けたい情報をどう届けるかなどについて語っていただきました。

インタビュー日:2017年7月9日

Shinya Kiyokawa

音楽作家

Profile

1976年福岡県出身。「拡張音楽」をコンセプトに、視覚情報の中に存在する音楽の創造や音楽の新たな機能性を追求するサウンドアーティスト。環境音を楽曲として再構築する音楽技法(サンプリング)を得意とし、自ら映像撮影と録音を同時に行いながら収録した環境音素材による映像/音楽作品を多数発表。広告作品を中心に形にとらわれない様々な音楽表現を行っている。 2011年に制作したNTT docomo TOUCH WOODのCM『森の木琴』が翌年のカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルにて3冠に輝くなど世界的な大ヒットとなった。 大分県別府市の『湯~園地計画!』では総合プロデュースを務める。

Interview

2017.06.29

神奈川大学教授/みかんぐみ 共同主宰/建築家
曽我部 昌史さん

『みかんぐみ』は4名のメンバーによる建築設計事務所です。店舗内装や公共施設などの設計を行う一方、ワークショップの企画運営や評論の執筆、アートプロジェクトへの参加など、建築の枠にとらわれず、さまざまな活動を展開しています。
今回は横浜市にある『みかんぐみ』の事務所へ訪問し、共同主宰の曽我部 昌史さんが手がけたリノベーションの事例やそこで引き起こされた影響、建築家の役割について詳しくお聞かせいただきました。

インタビュー日:2017年5月26日

Masashi Sogabe

神奈川大学教授/みかんぐみ 共同主宰/建築家

Profile

1962年福岡県生まれ。東京工業大学大学院修了後、伊東豊雄建築設計事務所勤務、東京工業大学建築 学科助手、東京藝術大学先端芸術表現科助教授を経て現職。主な作品に、下条茅葺きの塔 (大地の芸術祭 2012)、マーチエキュート神田万世橋 (2014)、渋谷ロフト /&Home(2016) など。主な著書に『団地再生計画』 (LIXIL 出版 2001)『アジアのまち再生』(鹿島出版会 2017) など。

Interview

2017.06.22

カジワラブランディング株式会社 代表取締役
梶原道生さん

今回は、大分県日田市出身、福岡県で活躍するアートディレクターの梶原道生さんにインタビューさせていただきました。作り手と使い手との関係性を近づけるデザインのあり方を追求し、クライアントとの対話を重視しながら数々のブランディングを手がけてきた梶原さんに、デザインの役割やデザイナーが考えるべきこと、クリエイティブな視点の持ち方などを具体的な事例も交えながらお聞かせいただきました。

インタビュー日:2017年5月31日

Michio Kajiwara

カジワラブランディング株式会社 代表取締役

Profile

大分県日田市生まれ。九州デザイナー学院、アンテナグラフィックアーツ、仲畑広告制作所、広告研究所を経て独立。カジグラ設立。現在は、カジワラブランディングと建築、webチームのシェアオフィスY-SHAREを運営。企業やショップ、商品のリ・ブランディングを手がける。クライアントとの対話を重視し、作り手と使い手の関係性を近くするデザインを開発。九州ADCの代表になり九州のクリエイターの信用向上を目的に行動している。

Interview

2017.05.25

イラストレーター・陶芸家
中野伸哉さん

今回は、大分県国東市国見町伊美にある『陶器・ガラス工房 ラパロマ』を訪ね、イラストレーター・陶芸家の中野伸哉さんにインタビューさせていただきました。
中野さんは自らイラスト制作や作陶などのクリエイション活動や、ギャラリーの運営を行う傍ら、新たな地域産品の創出やホテルのブランディングも手がけています。
プロデューサーとして、クリエイターとしての中野さんの理念や、クライアントと協働するうえで心がけている点について具体的な事例をもとに語っていただきました。


インタビュー日:2017年4月27日

Shinya Nakano

イラストレーター・陶芸家

Profile

1958年福岡県出身。1979年、NHK(東京)にて番組制作(特殊美術)に参加後、1982年に渡米。その後、ニューヨークでの作品制作を経て1989年に渡豪、シドニー現地新聞社に勤務。帰国後、1999年より国東市に『陶器・ガラス工房 ラパロマ』、その後『ギャラリーマスヤ』オープン。企業のプロデュース、商品企画、地域プロデュースなどを手がける。 主な掲載雑誌は『プレジデント』、『プレジデントファミリー』、『ベースボールマガジン』、教科用図書など。主な企業・地域プロデュースに『潮騒の宿 晴海』(別府市)のブランディング、『温故蜜柑』(国東市)など。大分県国東市広報アドバイザー、宇佐市6次産業アドバイザーなども行う。 株式会社 国東七(Kunisaki Seven Inc.)取締役 会長。

Mail Magazineメールマガジン

「CREATIVE PLATFORM OITA」のメールマガジンにご登録いただくと、最新の情報やイベントのお知らせ、会員だけが読めるスペシャルコラムなどを無料でお届けいたします。

メールマガジンの
ご登録はこちら

© CREATIVE PLATFORM OITA.