MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

INTERVIEW

Interview

2017.09.07

梅原真デザイン事務所 代表
梅原 真さん

今回お話を伺ったのは、高知県を拠点に1980年代からデザイナーとして活躍なさっている梅原 真さんです。
梅原さんは、一次産業×デザインの先駆者として、その土地が持っている力を引き出し、失われてはいけない風景を保つデザインをいくつも手掛けてこられました。1988年にプロデュースした『一本釣り・藁焼きたたき』は、8年間で年商20億円の事業に発展しました。その梅原さんが考えるデザインとは? たっぷりとお話を伺いました。

インタビュー日:2017年7月25日

Makoto Umebara

梅原真デザイン事務所 代表

Profile

高知市生まれ。デザインを一次産業再生のために使いたいと、1980年梅原デザイン事務所主宰。1988年、高知県土佐佐賀町にて、『土佐一本釣り・藁焼きたたき』をプロデュース。1989年、高知県大方町にて、4kmの砂浜を巨大なミュージアムに見たてる『砂浜美術館』をプロデュース。1995年から(株)四万十ドラマのプロデュース。『四万十のひのき風呂』『しまんと紅茶』『しまんと地栗』などの商品開発をベースに、流域の産業を再生する。主な著作に『ニッポンの風景をつくりなおせ』(羽鳥書店)など。「土地の力を引き出すデザイン」で、『2016毎日デザイン賞』(毎日新聞社主催)にて特別賞を受賞。

Interview

2017.08.17

エイトブランディングデザイン 代表
西澤明洋さん

今回は、株式会社 エイトブランディングデザイン 代表の西澤明洋さんにお話を伺いました。西澤さんは「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、幅広い企業や商品のブランド開発の実績をお持ちです。ブランディングデザインとは何か、また、そのベースとなる考え方やプロセスなど、具体的な事例も交えて語っていただきました。

Akihiro Nishizawa

エイトブランディングデザイン 代表

Profile

1976年滋賀県生まれ。「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、企業のブランド開発、商品開発、店舗開発など幅広いジャンルでのデザイン活動を行っている。グッドデザイン賞をはじめ、国内外の100以上の賞を受賞。BBTオンライン講座「ブランディングデザイン」講師。著書に『ブランドをデザインする!』など。大学、企業などでの講演やセミナーなども多数行う。主な仕事にクラフトビール『COEDO』、抹茶カフェ『nana’s green tea』、ヤマサ醤油『まる生ぽん酢』、博多『警固神社』など。 http://www.8brandingdesign.com

Interview

2017.07.27

音楽作家
清川進也さん

今回は、音楽作家の清川進也さんにインタビューさせていただきました。
清川さんは長年広告業界で活躍し、音楽や映像など表現の領域を拡げてきました。2015年に制作した大分県のPR動画『シンフロ』では、Webプロモーションの成功の指標と言われる100万回再生を7週間で達成。その後、制作した別府市のPR動画『湯~園地』では3日間で100万回再生を超え、現在、『湯~園地計画!』の総合プロデューサーとして、実現に向けて準備に取り組まれています。
さまざまな企業や自治体との協働で新たなコミュニケーションを仕掛ける清川さんに、制限のある中でのクリエイティビティの発揮の仕方や、届けたい情報をどう届けるかなどについて語っていただきました。

インタビュー日:2017年7月9日

Shinya Kiyokawa

音楽作家

Profile

1976年福岡県出身。「拡張音楽」をコンセプトに、視覚情報の中に存在する音楽の創造や音楽の新たな機能性を追求するサウンドアーティスト。環境音を楽曲として再構築する音楽技法(サンプリング)を得意とし、自ら映像撮影と録音を同時に行いながら収録した環境音素材による映像/音楽作品を多数発表。広告作品を中心に形にとらわれない様々な音楽表現を行っている。 2011年に制作したNTT docomo TOUCH WOODのCM『森の木琴』が翌年のカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルにて3冠に輝くなど世界的な大ヒットとなった。 大分県別府市の『湯~園地計画!』では総合プロデュースを務める。

Interview

2017.06.29

神奈川大学教授/みかんぐみ 共同主宰/建築家
曽我部 昌史さん

『みかんぐみ』は4名のメンバーによる建築設計事務所です。店舗内装や公共施設などの設計を行う一方、ワークショップの企画運営や評論の執筆、アートプロジェクトへの参加など、建築の枠にとらわれず、さまざまな活動を展開しています。
今回は横浜市にある『みかんぐみ』の事務所へ訪問し、共同主宰の曽我部 昌史さんが手がけたリノベーションの事例やそこで引き起こされた影響、建築家の役割について詳しくお聞かせいただきました。

インタビュー日:2017年5月26日

Masashi Sogabe

神奈川大学教授/みかんぐみ 共同主宰/建築家

Profile

1962年福岡県生まれ。東京工業大学大学院修了後、伊東豊雄建築設計事務所勤務、東京工業大学建築 学科助手、東京藝術大学先端芸術表現科助教授を経て現職。主な作品に、下条茅葺きの塔 (大地の芸術祭 2012)、マーチエキュート神田万世橋 (2014)、渋谷ロフト /&Home(2016) など。主な著書に『団地再生計画』 (LIXIL 出版 2001)『アジアのまち再生』(鹿島出版会 2017) など。

Mail Magazineメールマガジン

「CREATIVE PLATFORM OITA」のメールマガジンにご登録いただくと、最新の情報やイベントのお知らせ、会員だけが読めるスペシャルコラムなどを無料でお届けいたします。

メールマガジンの
ご登録はこちら

© CREATIVE PLATFORM OITA.