MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

INTERVIEW

Interview

2016.12.08

Studio Shirotani
城谷耕生さん

今回は、長崎県の小浜温泉街からほど近い刈水地区のデザインショップ & カフェ『刈水庵(かりみずあん)』を訪ね、デザイナー城谷耕生さんにお会いしてきました。
大工の棟梁の元屋敷をリノベーションした『刈水庵』は、母屋には城谷さんがデザインした器やインテリア、国内外の工芸品や雑貨などを販売するショップやカフェがあり、離れには城谷さんの事務所スペースが併設されています。城谷さんには、刈水地区の活性化を目指す『刈水エコビレッジ構想』の拠点でもあるこの場所で、海外と日本とのデザインを取り巻く環境の違いや、地域の資源や文化を活かした活性化の事例や手法についてお話ししていただきました。

インタビュー日:2016年8月31日

Kosei Shirotani

Studio Shirotani

Profile

1968年長崎県雲仙市生まれ。1991年渡伊。ミラノのデザイン事務所勤務を経て、1995年ミラノを拠点にフリーランスデザイナーとして活動を開始。同年ミラノにて、イタリア工業デザイン協会主催のGRANDESIGN最優秀賞受賞。これまでにARBOS(イタリア)、UP&UP(イタリア)、AURA COLLECTION(京都)、NAGANO(福岡)などのアートディレクターを務め各社よりデザインを発表。2002年長崎県雲仙市に拠点を移しSTUDIO SHIROTANIを設立。1996年から2005年までイタリアの建築雑誌『ABITARE』の編集協力員を務める。日本とイタリア両国において、石・漆・紙・ガラス・磁器・竹など様々な素材による産業の社会性をテーマにデザインを続けている。2013年に、長崎県雲仙市小浜町にて、地域活性化プロジェクト『刈水エコビレッジ構想』の拠点となるデザインショップ&カフェ『刈水庵』をオープン。

Interview

2016.11.24

ブックコーディネーター
内沼 晋太郎さん

今回は、書店『B&B』の本に囲まれた空間で、ブックコーディネーターの内沼 晋太郎さんにインタビューさせていただきました。ブックコーディネーターという耳慣れない肩書きを持つ内沼さんは、数々のショップで本を介した空間のブランディングやプロデュースを手掛けていらっしゃいます。また、自身が共同経営する書店『B&B』では毎日イベントを開催するなど、本にまつわる新たなビジネスモデルを確立されています。内沼さんには、独自の切り口と手法によるご活動を紹介していただくとともに、その理念やビジョンを語っていただきました。

インタビュー日:2016年9月14日

Shintaro Uchinuma

ブックコーディネーター

Profile

1980年生まれ。一橋大学商学部商学科卒。卒業後、某外資系国際見本市主催会社に入社し、2ヶ月で退社。その後千駄木・往来堂書店のスタッフとして勤務しながら複数のアルバイトを掛け持つかたわら、2003年、本と人との出会いを提供するブックユニット『book pick orchestra』を設立。平行して自身の「本とアイデア」のレーベル『numabooks』を設立し、現在に至る。

Interview

2016.11.10

graf
服部滋樹さん

今回は、建築やインテリアデザイン、ブランディング、さらに地域再生まで、デザインの枠にとらわれない活動を続ける、graf代表の服部滋樹さんにお話を伺いました。
プロジェクトが生まれてからカルチャーになって行くまでの過程や、デザイナーの社会的な役割、クリエイティブを誘発するデザインの在り方など、マネジメントや経営の視点も交えながら、デザインやブランディングを考えるうえで大切なことをたくさんお聞かせいただきました。

インタビュー日:2016年7月12日

Shigeki Hattori

graf

Profile

1970年生まれ、大阪府出身。graf代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。美大で彫刻を学んだ後、インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちとgrafを立ち上げる。建築、インテリアなどに関わるデザインや、ブランディングディレクションなどを手がけ、近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。 京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。

Interview

2016.11.03

NPO法人 プラス・アーツ
永田宏和さん

今回お邪魔したのは、神戸市のデザイン・クリエイティブセンター神戸『KIITO』に事務所を構えるNPO法人 プラス・アーツです。「教育」「まちづくり」「防災」「福祉」「環境」「国際協力」などに、新しい視点からの発想やアートが持つ創造力をプラスすることによって、さまざまな課題や問題の解消や再活性化を図ろうとするプラス・アーツのご活動について、理事長の永田宏和さんにお伺いしました。

インタビュー日:2016年7月26日

Hirokazu Nagata

NPO法人 プラス・アーツ

Profile

1968年兵庫県西宮市生まれ。 1993年大阪大学大学院修了後、株式会社竹中工務店入社。2001年同社を退社後、まちづくり、建築、アートの3分野での企画・プロデュース会社「iop都市文化創造研究所」を設立(2006年株式化)。2006年NPO法人 プラス・アーツ設立。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸『KIITO』の副センター長に就任。 企画・プロデューサーとして国内外での防災教育普及に取り組み、防災イベントの企画・運営や防災に関する講演や講座、企業の防災アドバイザーなど数多く務める。 主な企画・プロデュースに、楽しみながら学ぶ新しい形の防災訓練プログラム『イザ!カエルキャラバン!』(2005年~)、防災とクリエイティビティをテーマにした展覧会『地震EXPO』(2006年)、東京ガス全社員向けの防災啓発キャンペーン『SAVE YOURSELF』(2008年~)など。『第6回21世紀のまちづくり賞・社会活動賞』受賞。『第1回まちづくり法人国土交通大臣賞【まちの安全・快適化部門】』受賞。

 

Mail Magazineメールマガジン

「CREATIVE PLATFORM OITA」のメールマガジンにご登録いただくと、最新の情報やイベントのお知らせ、会員だけが読めるスペシャルコラムなどを無料でお届けいたします。

メールマガジンの
ご登録はこちら

© CREATIVE PLATFORM OITA.