MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

インタビュー

Interview

2017.12.21

河北秀也

株式会社 日本ベリエールアートセンター 主宰/アートディレクター/東京藝術大学 名誉教授
河北秀也さん

三和酒類の『いいちこ』といえば、独自の手法で企業広告の概念を変えたポスターやテレビコマーシャルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。『いいちこ』の広告は、商品名や商品画像を前面に出していないにもかかわらず、その世界観を深く印象づけます。今回は、その『いいちこ』のアートディレクションで知られる河北秀也さんにデザインに関する考えをお聞きました。

聞き手:山出淳也
インタビュー日:2017年11月6日

Hideya Kawakita

株式会社 日本ベリエールアートセンター 主宰/アートディレクター/東京藝術大学 名誉教授

Profile

1947年 福岡県生まれ、1971年 東京藝術大学卒。 1972年 地下鉄路線図をデザイン、1974〜82年 地下鉄マナーポスターシリーズを手がける。 1974年 株式会社 日本ベリエールアートセンターを設立、主宰。 1983年から『いいちこ』の商品企画、パッケージ、TVCM、ポスター、雑誌広告、出版などすべてを企画制作している。 主な著書に『河北秀也のデザイン原論』(1989年)、英文著書『ON DESIGN』(英文著書・1995年)。写真文集に『風景の中の思想』『風景からの手紙』(1996年)、『透明な滲み』(1997年)、作品集に『河北秀也の東京グラフィティ』(1981年)など。