MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

インタビュー

Interview

2017.03.31

西村佳哲

リビングワールド
西村佳哲さん

今回は、プランニング・ディレクターであり、働き方研究家の西村佳哲さんにお話を伺いました。
つくる・書く・教える、3つを柱に、さまざまな案件に関わってきた西村さんには、クリエイティブやクリエイターにとって必要なことや、考え方のプロセスなどを語っていただきました。その観点は、クリエイターやデザイナーに限らず、仕事や日々の暮らしにも取り入れたい、示唆に富んだものでした。


インタビュー日:2017年2月2日

Yoshiaki Nishimura

リビングワールド

Profile

1964年東京生まれ。武蔵野美術大学卒。デザインプロジェクトの企画立案とチームづくり、ディレクションや、ファシリテーター役を担うことが多い。著書に『自分の仕事をつくる』(ちくま文庫)、『ひとの居場所をつくる』(筑摩書房)など。2014年春から四国・神山町、東京、どこか(出張先)の多拠点生活を始め、おもには神山にいる。 リビングワールドの前駆にあたる仕事「センソリウム」(1996~1998)はオーストリア・Ars Erectronica CenterのPRIX’97.net部門で金賞を受賞(全体のマネージメントと企画・制作のディレクションを主に担当)。 リビングワールドでの受賞歴は、第24回日本照明賞(2006)、第40回SDA賞優秀賞(2006)、グッドデザイン賞(2007)など。著書に『自分の仕事をつくる』(2003・晶文社/ちくま文庫)、『自分をいかして生きる』(2009・ちくま文庫)など。 京都工芸繊維大学 非常勤講師。