MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

インタビュー

Interview

2019.11.28

山崎 亮

studio-L 代表/コミュニティデザイナー
山崎 亮さん

今回お話を伺ったのは、コミュニティデザイナーの山崎 亮さんです。山崎さんがデザインするのは、プロダクトのような形のあるものではなく「コミュニティ」。これまでに日本各地で、地域の課題を地域に住む人たち自身が解決するための関係性や仕組みをデザインしてきました。
さまざまな地域の課題に向き合ってきた山崎さんに、地方ならではの強みの活かし方や、地方で経済を循環させるための考え方などをお伺いしました。


聞き手:山出淳也(CREATIVE PLATFORM OITA)

インタビュー日:2019年11月11日

Ryo Yamazaki

studio-L 代表/コミュニティデザイナー

Profile

1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。社会福祉士。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年に『studio-L』を設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。著書に『コミュニティデザインの源流(太田出版)』『縮充する日本(PHP新書)』『地域ごはん日記(パイインターナショナル)』『ケアするまちをデザインする(医学書院)』などがある。