MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

INTERVIEW

Interview

2017.03.16

齋藤精一

ライゾマティクス 代表取締役社長
齋藤精一さん

今回は、建築を学び、国内外のアート展にアーティストとして参加し、アート・コマーシャルの領域でも高く評価されるなど、様々な側面を持つライゾマティクスの齋藤精一さんにお話を伺いました。
領域を横断し、さまざまなものを有機的に繋ぎ合わせながら新たなビジネスを生み出してきたライゾマティクスの活動を中心に、その発想の源やイノベーティブな環境をいかに生み出すのかを教えていただきました。

インタビュー日:2017年2月1日

Seiichi Saito

ライゾマティクス 代表取締役社長

Profile

1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。その後ArnellGroupにてクリエティブとして活動し、2003年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。その後フリーランスのクリエイティブとして活躍後、2006年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブの作品を多数作り続けている。2009年から2014年国内外の広告賞にて多数受賞。現在、株式会社ライゾマティクス代表取締役、東京理科大学理工学部建築学科非常勤講師。2013年D&AD Digital Design部門審査員、2014年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment部門審査員。

 

Mail Magazineメールマガジン

「CREATIVE PLATFORM OITA」のメールマガジンにご登録いただくと、最新の情報やイベントのお知らせ、会員だけが読めるスペシャルコラムなどを無料でお届けいたします。

メールマガジンの
ご登録はこちら

© CREATIVE PLATFORM OITA.