MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

インタビュー

Interview

2017.03.31

鈴野浩一

トラフ建築設計事務所
鈴野浩一さん

今回は、トラフ建築設計事務所の鈴野浩一さんにインタビューさせていただきました。
ホテル CLASKAのリノベーションに関わってから、独自の視点による都市計画の考えに基づいた建築やプロダクトを発表するトラフの活動をご紹介いただくとともに、都市や空間の捉え方から企業のブランディングに関係する事例まで、さまざまなお話をお聞かせいただきました。



インタビュー日:2017年2月1日

Koichi Suzuno

トラフ建築設計事務所

Profile

1973年神奈川県生まれ。1996年東京理科大学工学部建築学科卒業。1998年横浜国立大学大学院工学部建築学専攻修士課程修了。シーラカンス K&H、Kerstin Thompson Architects(メルボルン)勤務を経て、2004年トラフ建築設計事務所共同設立。共同主宰。現在、武蔵野美術大学非常勤講師、多摩美術大学非常勤講師。 「港北の住宅」、「目黒本町の住宅」、「空気の器」(プロダクトデザイン)、「NIKE TDS」「FREITAG Store Tokyo」(内装設計)、ミナ ペルホネン「ナツミナ」(展覧会会場設計)など作品数は100を超える。2011年のミラノサローネでは、建築資材の水糸を使った光のインスタレーション、キャノン「NEOREAL WONDER」が話題に。