MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

インタビュー

Interview

2020.05.28

近衞忠大

株式会社 curioswitch 代表取締役 CEO/クリエイティブディレクター
近衞忠大さん

今回は、日本の伝統文化への深い造詣と、国際的なプロジェクトで培った豊富なネットワークで、世界に向けて日本文化を発信する『株式会社curioswitch (以下、キュリオスイッチ)』の近衞忠大さんにインタビューしました。
公家であり五摂家筆頭の近衞家に生まれた近衞さんは、皇居で開催される宮中歌会始にて講師(こうじ=和歌の読み手)を務めるほか、能や茶道など日本の伝統文化に公私ともに深く関わっています。一方で、幼少期の8年間をスイスで過ごした経験から語学力とグローバルな視点を活かし、放送、ファッション、エンターテイメント業界で多彩な実績を積まれています。
古典的な出自と国際的な環境で培った独自の視点で、日本を世界に向けて発信する国際的なプロジェクトを数多く手掛ける近衞さんに、地方のビジネスを海外展開するためのヒントとなるお話を伺いました。


インタビュー日:2020年5月11日
聞き手:山出淳也 (CREATIVE PLATFORM OITA 編集長)

Tadahiro Konoe

株式会社 curioswitch 代表取締役 CEO/クリエイティブディレクター

Profile

1970年 東京生まれ。 少年期、スイス・ジュネーヴで8年を過ごす。武蔵野美術大学卒業後、テレビ局やプロダクションにて、テレビ番組、インターネット動画制作、ファッションブランドの大型イベントなど、幅広い制作現場を経験。語学力を活かし、外資系企業の日本マーケティングや、日系企業の海外向けブランディングなど、国際的なプロジェクトに数多く関わる。「伝統と革新」「日本と海外」などの文化の違いを乗り越え、共通のゴールを目指す仕事を重ねた結果、「世界の中の日本」を強く意識するようになり、文化とクリエイティブで世界の橋渡しとなることを目指し、2018年『株式会社 curioswitch』を起業。