MENU

CREATIVE PLATFORM OITA

supported by BEPPU PROJECT

INTERVIEW

Interview

2016.10.20

米田智彦

『ライフハッカー[日本版]』編集長
米田智彦さん

今回インタビューに伺ったのは、ビジネスパーソン向けのWebメディア『ライフハッカー[日本版]』の編集長であり、自らのライフスタイルや人生そのものをかけて情報を収集し発信する活動を続ける米田智彦さんです。メディアの主流が雑誌や書籍からインターネットへと移行し、さまざまな質の情報が氾濫している現在、いかに取捨選択し発信していくべきか、編集者としてのお考えや信条を語っていただきました。

インタビュー日:2016年9月7日

Tomohiko Yoneda

『ライフハッカー[日本版]』編集長

Profile

1973年福岡県生まれ。青山学院大学卒業。 研究機関、出版社、ITベンチャー勤務を経て、フリーの編集者・ディレクターとして出版からウェブ、ソーシャルメディアを使ったキャンペーン、プロダクト開発、イベント企画まで多岐に渡る企画・編集・執筆・プロデュースに携わる。2005年より「東京発、未来を面白くする100人」をコンセプトしたWebマガジン『TOKYO SOURCE』を有志とともに運営。2011年の約1年間、家財と定住所を持たずに東京という都市をシェアしながら旅するように暮らす生活実験『ノマド・トーキョー』を敢行。2014年『ライフハッカー[日本版]』の編集長に就任。 主な著書に『デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本』(PHP研究所)、『僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方 』(ダイヤモンド社)、共著に『これからを面白くしそうな31人に会いに行った。』(ピエブックス)、編集・プロデュース作品に『混浴温泉世界 場所とアートの魔術性』(河出書房新社)、『マイクロモノづくりはじめよう 「やりたい」をビジネスにする産業論』(テン・ブックス)がある。

 

Mail Magazineメールマガジン

「CREATIVE PLATFORM OITA」のメールマガジンにご登録いただくと、最新の情報やイベントのお知らせ、会員だけが読めるスペシャルコラムなどを無料でお届けいたします。

メールマガジンの
ご登録はこちら

© CREATIVE PLATFORM OITA.